Keiの保険も・廃車も・下取り査定も
失敗しないためには比較が大事
しかも近頃は、比較がすごく簡単

比べるKei保険料

そのスズキ・Keiの保険料で安い保険を選ぶことが大事です。 「格安保険」という言葉だけに惑わされないようにしましょう。 スズキ・Keiの保険料カンタン比べが力になります。

「保険選び」を特定の保険会社の営業に任せっぱなしにしていたら、公平な保険料比較を目にすることもないでしょう。自社に不利な情報提供はできないですから。 でもネットが可能にした方法なら、カンタン・手軽に保険料比べができます。

保険の期限が近づいてきたら、次の保険について調べましょう。 他の自動車保険の保険料を知らないまま、継続というのではもったいないです。わずかな手間で、そのKeiの保険料の見積が比較できる仕組みがネットにあります。

格安と話題の保険会社より、安い保険会社が見つかるかも。 あなたのKei(スズキ)の保険選びは、保険料比較から。

この方法を知らないまま、保険を更新した人が本気で悔しがってます。


【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり請求、保険料の徹底比較も可能!




下取りのKeiと廃車

そろそろ買い替えようと思った時に、そのスズキ・Keiの価値を簡単に調べる方法があることに気づいているでしょうか。

販売店の下取り査定に頼りっぱなしで、その結果廃車をすすめられて、価値をあきらめた車でも、実は調べて見たらまだ買取りできたという話もあります。

そのスズキ・Keiの価値を判断するのに、一つの業者の言い値だけではもったいないです。 近頃は手間・暇かけずにカンタン手続きで利用できる一括査定があります。スズキの査定を、対応できる業者が「競う」仕組みです。

「全国」あるいは「海外」にも販路を持った業者もあります。そのスズキ・Keiの価値は、過去の思い込みだけで判断できるものではないです。

見落さなければ、その車にはまだまだいろんな可能性があるのかも。

簡単無料のこの方法、試さず愛車を手放した人が本気で悔しがってるくらいです。

あなたのスズキ・Keiの本当の価値は愛車無料一括査定で確認しましょう。

昔ならありえないほど、車のオーナーに便利な仕組みですね。


カービュー(carview)の愛車無料一括査定
全国無料出張査定!!carivew愛車無料査定

楽天の無料愛車一括査定
愛車を高く売りたいなら楽天で! もれなく1万ポイントもらえる!



クルマの保険選び・下取り・廃車のお役立ちメモ

自動運転と保険
自動運転のときの事故の保険ってどうなるのかな。自動運転とドライバーの運転への関りかたにもよるでしょうし、自動運転の進化と共に検討が進んでいくところです。完全な自動運転だとメンテナンスや使用方法を守っているドライバーの責任ってかなり限定的でしょうし、メーカーの責任がどうなるかも関係します。

クルマを手放すときの書類
自動車を手放すときにはいくつか必要な書類があります。普段は車の中に保管している「車検証」「自動車税納税証明書」「自賠責保険証」。さらに「印鑑証明書」と「実印」。車検証に記載された住所と現住所が異なる場合などには「住民票」などが必要です。また、お店で準備してくれる書類に「委任状・譲渡証明書」などがあります。

保険選びのポイント
保険選びのポイントは補償内容と保険料、付帯サービスも大事ですが、担当者の対応のよさも重要ですね。万一事故になった場合、素早く適切な対応をしてもらえるかすごく重要です。でも選ぶ段階で対応がいいかどうかは分かりにくいものです。そこで指標になるのが顧客満足度ですね。顧客満足度が高い保険なら、失敗する可能性は低いでしょう。とはいえそのときの担当者によって対応のレベルが異なる場合もあるようですが。。。

保険の種類
自動車保険には大きく二つの保険があります。強制加入で加入が義務付けられている自賠責保険と、自賠責保険では不足する分をフォローするため任意保険です。任意保険の加入は法的には自由ですが、いったん事故を起こすと自賠責では不足する事が多く現実的には加入が必須でしょう。任意保険については保険会社によって料金プランや付帯サービスなど多様ですのでしっかり比較して最もオトクな保険を選ぶ事が重要です。

1日だけドライバー保険
ドライバー保険には1日など短期で入れるものもあります。誰かから車を借りるとき等には便利です。万一事故を起こしても借りた人の保険を使わなくて済みます。ちなみに業務使用目的の場合には使えない保険です。また車両保険は対象外だったりするので内容確認は大事です。

自動車保険のいろいろ
主な自動車保険をピックアップします。参考にどうぞ。アクサダイレクト、アメリカンホーム・ダイレクト、エース保険、ソニー損保、チューリッヒ(ZURICH)、三井ダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、セゾン自動車火災、ゼネラリ、三井住友海上、そんぽ24、SBI損保、ニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン、東京海上日動、日本興亜損保、富士火災、あいおい損保、AIU保険などなど。。。いろいろありますね。それぞれ特徴のある保険料、サービスを売りにしてますので比較しないのは損ですよ。保険会社は信用も大事ですので、気になる人は保険会社の格付けを参考にするといいでしょう。スタンダード&プア―ズなどの有名格付け会社の格付けが参考になります。

Copyright © 2007 - 2017 愛車の保険・下取り・廃車のこと. All rights reserved